Mitsu Surfboard Design

2016年06月03日(金)

W-UP3 [Mitsu Design]

画像(301x420)・拡大画像(459x640)

春のKAUAI TRIPに行った時からモーチベートされて 何か新しいものを作ろうと思い立って 今回が3度目の正直?

W-UP1,2でこれがMODEL3。 1も2もそれなりにいいところはあったんだけど 首をかしげるようなライディングが1本でもあると 作り手としてどうなの? って責任を重く感じる私でして いつも他人にも厳しいですけど 自分にも厳しくやってるつもりです。

今日の波は腰〜胸で十分あったものの サイドが強く吹きまくってけして良くはないですけど W-UP3のお陰か かなりいい動きが出来た。 と言うか 想像以上に良かった。 自分もショートは1ヶ月以上やってなくて この波でこの動きと言う事は ボードがいいみたい?

テイクオフはスルスル降りていくし、乗った後の浮力を使った加速性もGOOD、動きは軽く柔らかく 踏み込めば機敏に反応。 自分好みのスムースながらもガシャ〜!って言うのが決まるきまる。1時間チョットで乗りまくりました。

色々試行錯誤してMODEL1と2のいい所は残して 改良されてるけど 見た目の派手さに気を取られて 激しいダブルWINGやチャンネルなどで 邪心があった事が自分の中での失敗だったのかもしれません。

今回は2でしくじったウィングを小さめにしてテールのスワローも浅くしつつも幅を出して レールのボリュームも全体的にUP。 チャンネルも入れたかったのですが 先ずは原型の完成を求めて今回はなしで シングル〜ダブル〜VEE抜きのボトムデザインですが 踏ん張り所もあるのに 蹴りだせばどこでもサックサクにテールが抜けて 気持ちいい。トライで乗ったけど もうFISHみたいなフワフワした軽さありです。

ノーズは尖がりつつも幅広これがまた気持ちいいくらいに思いとおりの角度でテイクオフが出来る。 AKULEを超えるくらい滑りだしがスムースでこれまた驚き。 何本かはっきりしないピークで疑いながらもパドルしたんだけど 乗れてしまった。

なんか だんだん 保守的なデザインで見た目に新しくないようですが 実はノーズから3分の2くらいまでベブルレールを採用してます。 

これもMODEL1では大きく入れすぎて裏目に出ましたが いい所もあるので その後チューンしてます。ベブルレールとは昔もあったのですが要するにボトム側からもデッキに向って少し削ってあってレールが入りやすいだけではなく ボードが実際の幅より細く感じる水流を作りますからパドル時では 実際の幅で安定させて乗ってからは1インチ?くらい細く感じるんです。 

更にレールが噛み付き過ぎないから 乗り心地はどんなセクションでも柔らかく 激掘れの位置でも巻き上げられずにヌルッしながら 波と馴染んでしまいます。

まだまだ 語れますが 初日にして とにかくGOOD!◎

この後はテール形状も乗り手の好みで変えたり オプションでそのチャンネルも入れていきますが 原型としては 本日を持ちまして W-UP解禁 発売開始でオーダー受け付けます。

今回は 自信をもって お勧めします。

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

左から WUP1,2,3

画像(420x314)・拡大画像(640x479)

レールやチャンネルロッカー浮力のバランスを探求して現在のMODEL3がBEST バランス。 
とにかく動く! ボトム側のベブルレールでこんなに柔らかい乗り心地になるとは 驚きました。
是非 体感してみて下さい。

AKULEの浮遊感とAJIの攻撃度を兼ね備えた 最高傑作です。

Posted at 01時49分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2393

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.