Mitsu Surfboard Design

2017年03月12日(日)

Nelson model 2017 [Video]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

NELSON MODEL 2017を売り出しているのに 本人映像がない事に気が付いて 久々ながら VIDEO撮りに行ってきました。

NELSON MODEL 2017 これは実質 ネルソンモデル3と言ってもいいでしょう。

今回の彼のボードは 体重が増えた事もあって(およそ85KG 痩せてるようで重い?) 9’−22.13”−2.75”でいつもより気持ち広く 厚くしてありますが やっぱりEPS素材で軽め。(激カルではないです EPS 1.5LBSにボトム6 デッキ6X4)

そして 気になるモデル2と3の違いですが 一番大きくはノーズのエントリーロッカーをぐっと下げてみました。

モデル1で低めだったのですがモデル2でぐっと上げてやっぱりまた下げてのモデル3 その訳は やはり果てしなく平らなピークからでも鬼のようなテイクオフを可能にして ノーズライドもさらにスムースに。

実際に滑り出しはワンパドル分早くなりましたが その分急に切り立つようなきわどい所でのテイクオフは心しておかないと張り付いて刺さりそうな傾向が副作用として 報告されています。

なのでワンテンポ早めに立てる分 乗ろうとするポジションをしっかり見極めて 割れる寸前の位置を確保してください。

もう一つの大きな違いは お尻の穴の下あたりのボトムデザインです。 今まで 直線気味だったボトムストリンガーのカーブ率を高くして SWEET SPOTを作りスピードよりもコントロール性を高めてみました。

これにより 強く踏み込まなくても ボードを傾けるだけで曲がるきっかけをつくりより力まずにリラックスして次のセクションに向かう事が期待されます。

他にも細かい部分変更ありますが 考え過ぎは良くないのでここまでとします。

”百聞は一見に如かず”  とにかくビデオを見て 妄想して下さい。   HAHAHA

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

昨日も 安物のなんちゃって HANDY CAMと三脚で撮影。

SHAPERなのに 撮影? 1人5役で経費削減?

炎天下の中 更に逆光。 サングラスかけるとビデオのモニター見えないし、沖には3〜40人のサーファーのシルエットの黒白で みんな動き回っていて NELSONを常にフレームに収めておくのは 至難の業です。

いつ来るかわからない波 いつ乗るのかわからない乗り手
やってみれば分かるけど 世の中何をやっても大変ですね。

おまけに 今朝は 朝 4時半からビデオ編集したもののPCの不具合?で全部やり直しを強いられたのも事実。

なので 相変わらず 映像も編集も決して PROレベルではありませんが 本業ではないので お許し下さい。

あくまでも素人の作品なので 参考までに。 ないよりはいいでしょ? っていうレベルです。  

久々に張り切って行ったMAKAHA。 前日まではデカかったのに
昨日は 半分以下の小波。 FUN WAVEなだけに終始30人+ 私も恐るおそる入ってみたけど やっぱり混んでる。

沖から乗っても 岸に人がいっぱいで通り道なし。 ギリギリ危ないラインで走って 誰か引いたら大問題だろうし、元々混んでるところで入るともう波より人が目に入ってしまってテンション下げサゲな私です。

でも ネルソンもそうみたい。
ほぼ全く沖に 行かず誰も乗らない波を最後の最後インサイドで無理やり乗ってました。

それでも 御覧のとおり いい仕事してたので やっぱりPROです。 

Posted at 03時52分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2491

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.