Mitsu Surfboard Design

2021年04月09日(金)

ボリューム Litterについて [Blog]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

ALOHA〜今日は ちょっとだけ 真面目なサーフボードの話ですよ。       珍しく素面な夜です。(笑

以前にも何回か触れたのですが板のボリュームをLITTER数で表示する事について語ります。

先日も OMIKUで海に入っていたら ローカルの人に その板は 何リッター?って聞かれました。

彼は、普段は短めの板しか乗っていないのですが わたしのOMILUをオーダーしようか悩んでいる所だったのですが 私はあえて その場では 分からないと答えたんです。

と言うのも リッターを目安にしている人は、今の自分の板が基準の数字と言う事で それに合わせようとする傾向にあります。

この数字はあくまでも ほぼ同じサイズのボードの時に比べるには 有効であっても 一度長さが違うタイプのボードになってしまったらもう 使えません。

と言うのも今コンピューターシェイプで比較してみたら 同じ幅と厚さで1”だけ板を長くしたら 既に)0,5L変わりました。(元となるボードのサイズにもよりますけどね)

今度は0.5インチだけボードを細くしたら 同じ長さでも1L減りました。

更には、ダブルコンケープを深くするだけでも 同じ板で0.8Lも軽く変わってきます。

ですから いつも6’くらいのショートの人がOMILUで 6’6”にした瞬間にリッター数は、一気に大きくなるのでもう 数字は使えません。

66のオミルだったらそれなりの幅と厚さのバランスもあるので 極端に薄く細くする事もするべきではありません。

もっと細かいこと言うと 同じ体積でも ボード自体の重さでボードの浮き方も変わってきますし、 コンケープが深ければ体積は減りますが 板が走り出したら 今度はコンケープが浮力に変わります。

同じメーカーで 似たようなボードサイズに乗り換える時だけは、一つの目安として 助かるのが リッター表示です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう一つボリュームに関係する話ですが ボードのサイズを決めるのは モデルを決めるよりも重要な事。

”それ 何モデル〜?”なんてみんないつも話してるけど それよりも乗り味を変えるのが 板のサイズ。

私自身過去に DHMモデルにハマり 8’から5’10”くらいまで 8本くらい DHMと言う名で乗り比べました。
最近では、去年から OMILU サイズを変えて4本目です。

コンピューターでデジタルによるリサイズをして作るのですが ミッドサイズのボードとは言え 2”短くするとかなりその違いが 体感できます。

基本的に 小さくすればするほど 操縦性がUPして自分の意志が機敏に伝わり始まます。 と同時に波からの力をもらい難くなるので テイクオフからして自らのポジションをより
パワーのある所に運ばないと 乗れません。

大きめのボードに乗れば 誰でも自信がついて ”俺って余裕じゃん?” と思い始めて 一気に板を小さくしたくなるのが 一般サーファーの性。 

失って初めて気が付くのは 浮力。 でも波のいい日に浮き過ぎてレールが入らず 切り刻めないのもやっぱり不満。

どうすれば? と私に聞かれても 私自身 いつも悩んでいます。  ただ一つ言えるのは 波の状況と自分が乗ろうとしている板との相性を考えて上げる事が大切です。

その前に 乗り手自身が 長いのも 短いのもそれなりに乗れないとそんな事言ってられないですけど 自分は一体 どんな波にどんな風に乗りたいんだろう? 

理想と現実もあるけど ボードが乗り手を新しいラインで導いてくれる時もあるもんです。

長くなってしまいましたが とにかく実験あるのみ 迷ってたら夏が終わってしまうので カスタムオーダーお早めに!

現在納期は、2ヵ月++と言った感じです。

MAHALO〜
 
 

Posted at 18時31分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=3000

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.