Mitsu Surfboard Design

2021年04月21日(水)

BIGGER WAVE [Blog]

日本は、この時期からいきなり 巨大な台風が接近中みたいですが 大きな被害が出ない事を今から祈るばかりです。

オリンピックもコロナも依然として 方向性が見えませんが 台風も同じく どっちにどう動くのかは 終わってみないと誰も分からない訳で ただひたすら過去のデータと勝手に作り上げられたシミュレーションで 分からない事を分からない人が騒ぎ立てて 煽られての繰り返しなので 自分が知っている事だけを話したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の課題は BIG WAVE。 と言っても ハワイアンサイズの15〜20FT(トリプルオーバー)についてではなく 8〜12FEET(ダブルオーバー)までのお話です。 

写真で見ると 全てが止まっているので思いっきりパドルしたらこれくらい乗れそうかな〜なんて勝手な妄想してしまうのがSURFERの性ですが 実際は、サイズ云々の前にとにかく速いのが特徴です。

極端な話 50メートルくらい離れた所で割れた波が一瞬にして自分がいる所も掘れ上がるくらい。
サイズが大きくなればその分2倍も3倍も破壊的なパワーを秘めた水の固まりが波と言う形で炸裂します。

その動きは、生き物の如く柔らかく今にも割れそうながら 割れないのも あればいきなり怒鳴るかのように はるか沖で割れたりもする。

日本における一般のSURFERの場合 仮に毎週海に通っていたとしても 頭半以上(4〜6FT)の波に出くわす事は、2ヵ月に一回あるかないか? ただデカくて雨暴風交じりのジャンクなコンディションでは、どうにもならないから 半年に一回くらいクリーンなサイズのある波に出くわす感じですかね?

実はハワイも何だかんだ言って 整ったままサイズのある日は、そんなにないもんです。 サイズがある日は、ほんの少しの風でも 難易度がUPします。 面ツル無風でも大変なのにその中で風にあおられてコブを見分けるなんてもう 仙人レベルです。

さて 本題はデカ波をどうやって乗るのか?ですが ズバリ言うとドピークから乗る以外ないんです。

ほとんどの人が 海に入ったものの 怖がってインサイドで小さめのを肩から乗ろうとするのですが 大間違いです。

インサイドに行けば行くほど浅くなる訳ですから セットが入ってきたらもう大変 一発目で板捨てて そのままもっとインサイドに持っていかれて体力消耗+恐怖感が倍増で心臓バクバク。

何故 ドピークのアウトサイドかと言うと沖はまだ深いので
いきなり底掘れするような波が少ないのと 波は崩れる直前までは比較的ゆっくりおっとりしているのです。
一番ヤバイ所が実は一番簡単な所。
その見極めは、とにかく経験して 達人たちのテイクオフと波の位置を脳裏に焼き付けるしかないんですけど 他人の見ちゃうと ”やばっ〜 あんなの絶対無理!”ってなってしまいがち。

でも 肩から乗ろうなんて思う人 難易度さらに高いですから 痛い思いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とにかくすべては スピード。 考える時間もないくらい 全てが一瞬の判断で 天国か地獄の明暗に分かれる。
波が来て コレだ!と思ったら ボードの角度を決めて 鬼パドルでも背後で起こっている波の状況を想像しながら自分の状況を客観的に。

ややこしいかもしれないけど 今まで沖からうまく乗っていた人達のライデイングを 頭の中で再現しながらも 今自分がその位置にいる。 見て来た成功例を回想しながら そこに自分を置き換えるような気持ちで 乗ってる自分と崩れている波を同時に考えられるようになれば こっちのものです。

一朝一夕では 成し遂げられませんが とにかく経験値を増やして 波がスローモーションに見えてくるまで観察が必要です。

それとは別に 基礎体力ももちろん必要。 私も日々いつか来る大波を意識して 健康には気を付けているつもりです。

1本のデカ波をメイクすると 小波100本にも勝る満足感があるからやめられませんが 自然は本当に厳しいとしか言いようがありません。

ただ手で漕いだパドリングから 大波のパワーとスピードに調和する 一瞬のスリルは もうサーファーにしか分かりませんが 自分の限界を知って控えめにだけど大胆にアプローチ。 このバランスも本当に 難しいけど楽しいもんです。

ALOOOHA

Posted at 04時33分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=3004

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.