Mitsu Surfboard Design

2010年10月31日(日)

My FIRST LOVE [Blog]

画像(322x420)・拡大画像(492x640)

ついに 見つかりました この写真。

写真そのものは、 10年前のものなんですが この板が私にとって 初めての MY BOARDです。

16歳の夏だったと思います。 その時点でこのボードは、すでに ボロボロ 友達の兄貴から なんと 1000円で譲ってもらいました。

小さなディケールが入っているだけで THE SURFと書いてあり、グラスオンのシングルフィンで リーシュカップなしで
フィンの後ろに穴が開いていて そこにロープを結びつけるタイプ(見えるかな?)

ウイング スワローだったのですが 買った時点でその片方のスワローが折れてなくなっていまして 自分で試行錯誤リペアーキットを使って 復元したのですが 1日目にして その直した方が リーシュと足の間に挟まって 折れてしまった、、、。

悩んだ挙句 のこぎりで テールを切り落として 憧れのスカッシュテールに変更 (考えてみれば この時から SHAPER心があったかも。)

当時 サーフボードは、乗り換えるものなどとは 考えていなかったので この板を一生乗ると信じていて 本気で愛していました。 まさしく The FIRST LOVE。

6〜7KGもあるこのボードを肩に担いで まずは、自転車で30分掛けて府中本町の始発電車をキャッチ(なぜか覚えてる AM5:17)、乗換えを繰り返しながら 片瀬江ノ島海岸(鵠沼)に到着 その後また 海まで歩いて、、、 日が暮れるまで砂まみれ、、、 でもって また担いで 帰って来ていた あの頃が 今の自分では、 考えられないほどのエネルギーがあったなー。 若さ故です。

回りのみんなは、もう80年代真っ盛りで 短くて華やかな蛍光色のツインスタビライザーに乗っていましたが 私は、買えず、、、。  きっとこの板は、その頃の鵠沼で最も長くて汚い板。 便所のフタ?とも言われて 人に見せるのも恥ずかしくて 悔しかったけど 海の中では、パドルが速くて 仲間の誰よりもたくさん波に乗れたものです。  ただ浮力がありすぎで ドルフィン不可能なため 胸以上の日は、沖に出れませんでしたねー。   はははっ。

今は、もうこのボードは、他界してしまいましたが 感謝の気持ちでいっぱいです。

そして今となっては、たくさんのボードに囲まれる毎日ですが 他人のボードも、古いボードも 調子わるいボードも全て愛しく思えて仕方ありません。 

I LOVE SURFBOARDS

Posted at 06時11分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=573

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.