Mitsu Surfboard Design

2019年09月16日(月)

もう1人の自分もいる。 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

今日までの 4日間朝から晩まで 自分の教会にいました。
というのも 年に一度の集会があって日本からも沢山のゲストが来るので そのおもてなしです。

普段から自分の親くらいの長老ばかりで若手が少なく 50を過ぎた私の役割は 大きかったりします。

言うまでもなく 普段は朝からサーフボードまみれ 夜はお酒まみれな私ですが 何十年も続いているこのイベント期間中一年の4日間は ”黒子”として自分がサーファーでありシェイパーである事は 忘れて出来る限りの事を実行してるつもりです。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

私がハワイに来る最も大きなきっかけとなったこの教会。
生まれてこの方 宗教とは無縁な私でしたが なんちゃってクリスチャンとしてデビューして25年以上が経ち 今の自分が存在しています。 

この世の中 結局どこに行っても 自分の為の金儲けの話ばかりだけど 人間って 生きている間だけ快楽主義で終われば幸せ? それだけじゃないって信じたくない自分が求めていた救いの道がある事は 人生の望みになるものです。

本も読めない私ですが 一応世界で最も売れている本 ”聖書”はずっと持っています。

自分の人生は、間違えているかもしれませんが 聖書の教えは心地よくどんな事が起こっても 平安でいられる道を示してくれるので やめられません。 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

とても小さな教会ですが その内容は濃いです。
ステンドグラスなどの きらびやかな物はどこにもないです。

画像(420x332)・拡大画像(640x507)

その昔は、献立全てをゼロから手作りして 200人近くの食事を用意していましたが ここ数年は 高齢化も進み? 人手も足りないので お弁当のデリバリーが増えてきましたが それでもまだまだ やる事いっぱいです。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

市場には出て来ない 信者さんの庭で採れた野菜(よもぎや長寿の葉)などを使って丁寧な天ぷらですが 手作りな台所で空調悪く 朝から汗だく。 

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

連日ご飯を食べる時に なぜか大雨になったけど 虹を魅せるための 神の仕業なんだろうか?

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

今日の最終日は 恒例のHAWAIIAN BBQ
USリブアイの脂が売りです。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

ここ数年活躍している BBQ担当の若手出現?
私に 怒られながらも続けているので ハレルヤです。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

さぁ〜て ここで問題? アメリカのBBQグリルに必ずと言っていいほどついてるこれは なんでしょう?

ローカルハワイアンでも知らない人多いんですよ。

ALOOOHA

明日から また 体はサーファー生活に戻ります〜。

Posted at 17時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年09月14日(土)

通るべき道 [Blog]

画像(311x420)・拡大画像(474x640)

台風15号が 千葉を直撃して想定外?の被害をもたらしている事に動揺していますが 関東といえどもやはり こんな時が来るのは時間の問題だったんですね。

東北や九州方面での地震や水害など ニュースで連日知らされているのですが 身近な千葉県でここまで災害が起こったのはビックリです。

行政の対応に足らない部分もあるようですが 心温かい人もたくさんの存在するので天災という名の被害を乗り越えて 一日も早くいつものリズムに戻れることを遠くから願うばかりです。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日も前置き長くなりましたが ホロホロ酔いの中、可能な限り ブログって見たいと思います。

今日のタイトルは ”通るべき道”。

ちょっと 無理やり台風の進路と絡めた次第ですが、私も例外なく今日まで 右往左往して来ました。

でも ハワイに来てからの20数年間を 今振り返ると全てにその時があった事を実感します。

何も深い事を考えないまま ハワイで半年だけでも住みたかった23歳。 3年間のローンを組んで買った自慢の日産4WDのトラックを売って無謀にもハワイ入り。

学費が最も安いと言うだけで キリスト教の牧師養成学校で英会話学校に通う。

何でもお祈り?の授業+日本人ゼロ環境で英語全然分からないけど 身振り手振りで必死に意思表示をしながら 宗教的なアメリカの原点と言葉を超えて人間同士のコミュニケーションを体感?

当時で言う不法労働?(今では時効です 笑)を繰り返しながら苦学生を長年も続けて 本能のままサバイバル生活を10年近く続けながら、、、

現場でいつの間にか話せるようになったペタペタ英語ながらも 口を開き始めて ローカル達とつながりはじめて 多方面で生活を助けられて”話す事”の大切さを知る。

最初は自分の好きな料理で生計を立てて(といっても皿洗い) お弁当屋、ローカルバーにお寿司屋さんなどを転々した挙句に サーフィン業界へのチャンスが訪れた。。 でも 名も無き影の仕事人としておよそ5年黒子生活が続く。

あれから およそ15年?で今の自分がここにある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

我に帰れば 知らないうちにハワイで培った自分が生き残る為に必要な条件が満たされていた事に今気が付く。

遠回りだったような 自分の人生だけど今の自分があるのは 知らないうちに歩いた ”通るべき道”を通って来たからだと思う。

でも決して 賢かった訳ではないです。 ただ分からなかったただけですが 結果的にはそれが 良かっただけです。

ハワイに住みたい。 サーフィンがしたい。 シェイパーになりたい。 永住権が欲しい。 お金を儲けたい。 正直な所 全くそんな執着心ないまま 時が流れて 巻き込まれたシチュエーションをどうにか切り抜けて来ただけだったと思います。

結果論ですが 私の場合はそれが良かったようです。

目の前に置かれた日常の現実は 時としてそれが一番大切なのかもしれません。

そんな お話でした。

お休みなさい。

MAHALO   

Posted at 18時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年09月13日(金)

疑う気持ち [Blog]

画像(280x420)・拡大画像(427x640)

何でも言葉にすると 難しいけど 今日もあえてチャレンジしてみます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに私は 昔から本が読めない人間です。 文字と数字が嫌いです。 

シェープは数字が全てだと言う人がほとんどですが 最初は数字ばかり気にしていていいものが出来なかった事を今でも覚えています。

分析すると数字は最終的なデータであって あるべきカタチが先行するのでは? と今思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして文字が嫌いな 私がこうやってBLOGなどで 何年も長々と語っている訳ですが これも語りたい伝えたい何かが先行して その後時間を掛けてその気持ちを 文字に置き換えている自分がいます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の本題に入りますが、人はよく ”自分を信じて!”と言いますが ひねくれた私は、逆に”自分を疑う”ように心がけています。

?? というのも 自分を含めて多くの人は 間違った分析や思い込みから 失敗が生まれていると思うんです。

誰でも ポジティブに考える事がいい結果を生むと信じていますが 時には光に当たらない 影の部分もひっくり返してみないとそこに何があるのか盲目になってしまうと思うんです。

サーフボードのシェープは自分の体と目とボードを同時に動かさないと その全景とカーブが見れません。

と言う事は 作業している間は限られた角度でしか見れない事になります。 手と目を使いながら 今ボードがどう変わっているのかを 想像しながら削ってその想像と現実のギャップが生まれないように 数秒おきに ボードを持ちあげて確認する作業を 納得いくまで続けます。

(本当の天才シェイパーさんならば その確認を最後までしなくても 思った通りのボードが出来るのかもしれませんが 私は 凡人なので何回でも確認します。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このコンセプトは、波乗りでも適応すると思うんです。
沖から波が来て 自分なりの想像と妄想を膨らませて岸にノーズを向けて パドリング。 この時点でもう後ろから来てる波は見えていない状況です。
ここで 間違った思い込みがあった場合は 思い通りのライディングも出来ず 現実の波との調和が取れないまま終了。

止まる事のない水の動きを読むのは 容易な事ではありませんし、分析する時間もないのが サーフィンの一番難しい所かもしれません。  自分勝手な妄想だけでは この先なんの進歩もないでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな事考えずに 仕事もサーフィンも上手い人はいる訳ですが 理屈抜きで その現実が見えているのは確かだと思います。

失敗は成功の元だけど 失敗を繰り返すのは避けたいそんな思いで 今日も明日に向かって自分が進化できるようにまずは自分を疑ってその後実行して そして結果が悪ければまだ読みが甘いので 出直し。 

ヘタの横好き 好きこそものの上手なれ。 そんなノリで楽しみながらやってますよ。



ALOOOHA


 
 

Posted at 05時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年09月06日(金)

Nelson & Genki [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

写真は ちょっと古いのですが ここでもう一度NELSONとGENKIモデルについて 語ります。

見ての通り この二人は、全く体格が違います。

当初Nelsonが私のボードを乗り始めた時に 自信をもって純正GENKIモデルを乗らせたのですが Nelsonの反応はイマイチでした。

何故か聞いてみると 後ろ足で思い切り踏み込めないと言う事でした。

それは見ての通り身長=歩幅の違いと体重=加重の違いがあったからです。

Nelsonは、足のサイズさえ大きいですから テールの最後の方まで広くないと 足がはみ出してしまうほど大きいのですが Genkiは何をするのも ネルソンの倍近く多いステップで歩き回る必要があって 波が忙しいブレイクの時には 完全にステップバックする時間がないので ボードの真ん中に立っている時も機敏なコントロールを強いられるので テールは細くシャープなのがお気に入りです。

ノーズもネルソンは足が大きくて体重もあるのでより広く厚くボリュームを持たせてありますが Genkiはテールサーフィンした時に 出来るだけノーズを軽くして小さい体でも思い通りに動けるように 薄く細くしてあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これで話は終わりだったのですが、新しいモデルを考えた時に思いついたのが この完成された2本をブレンドする事でした。

数年前から作っているのが NELGENと呼ばれていて ロッカーやレールのボリュームはNelsonのままで 小波でも滑り易くしつつも アウトラインはGENKIで小柄な日本人でも機敏な動きが可能になりました。

Genkiモデルはその動きがウリなので 余計な浮力とアウトラインは省かれている分腰以下の小波ではやはり本領発揮出来ないまま終わってしまう傾向なので Nelsonの推進性を取り入れて アウトラインで機敏に動かすというアイデアです。

更には ここ数年コンテストでノーズライドが重視されているので NELGENモデルだけど ノーズもネルソンのまま広めでテールだけ絞ってあるのも人気です。

まぁ ここまで来ると 新たなモデルと言うよりもただ ネルソンのテール細めです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他 ここ数年はあまり既成観念に拘らないようにして 乗り手一人ひとりの乗り方で テールやノーズコンケープの調整とレールエッジの残し方や素材別にボードの完成時の重さのバランスも1本ずつ 考慮していますのでシェープに取り掛かる前に 私ととことん話し合う事は必須になってきますので そこんとこ大事なので よろしくです。

MAHALO

Posted at 18時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年09月05日(木)

造船業 [Blog]

画像(187x420)・拡大画像(286x640)

このボードは11’3”(3.4M)という長さで EPS素材で7.5オンスを3枚づつ両面から巻いてあって ホットコートも3回分両面に塗っています。 

ハワイのライフガードさん達がレスキューボードなんだけど
本来は 11’3’じゃなくて 12’(3.6メートルくらい)だったんですが 相当前から 12’の長さでポリの素材で厚さ5”+のブランクは 世界中で誰も作っていないようで EPS素材になり 長さについては 私の使っているシェイピングマシーンでは11’3”以上はカット出来ないと言う現状です。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

厚さは、4.5”しかないのですがライフガード用のブランクスが何年も材料屋に眠っているので それを最大限の長さと幅と厚さでボードを 作ってみてくれと言う依頼がハワイ州の方からあって 昨日と一昨日チャレンジしてみました。

写真のように全て状況に応じた手作業が要求されて SHAPERとして当たり前の基本技術と知識と体力も必要です。

はっきり言って今どき 誰もこんな事やりたがらないけど 私には とても魅力を感じるミッションです。 

雨の日のサッカー部から始まり、ぐしゃぐしゃの海での波乗りみたいに ”これは無理でしょー!”って周りの人が言うと 逆にスイッチが入って 本当に無理かどうかやってみたくなる自分がいます。

もちろんこれまでに その乗りで初めてたくさんの失敗談もありますが どうにもならない壁にぶち当たって砕けるだけでも なんか気持ちよくて やれるところまではやってみた。 という 自己満にも浸れるし 次回の為のデータにもなるので 失うものは何もないと言う コンセプト。

成功しちゃったらもう その感動は一塩の喜びにもなるしね。

画像(191x420)

この写真は、もう17,8年前のですけど ぶっつけ本番で1.5日くらいとりつかれたようにして仕上げた12’6”
だったかな?

チャイナウエムラさんと言う レジェンドの方から青二才だった私に声が掛かり お前やってみろ! と言われて 本当に嬉しかったです。

テンプレートもデータもないけど自分のありったけの知識とと勘とひらめきを信じて やるっきゃない。

その前に必要なのは 健康な体はもちろん 精神状態も大切です。 波乗りと同じで 必要以上に ビビッてはいけないし、高ぶってもいけない。 邪心をなくして 冷静にかつ大胆にが基本ですが それがまた 何年たっても難しい所。

考えれば考えるほど ダメな時もあります。 数字が全てと言う人もいますが 私の場合は 数字とお金は後から付いてくるタイプなのかもしれません。

とにかくこんなに楽しい仕事でお金をもらえるのは 幸せです。 みんなが喜ぶために 今日も造船業行ってきます。

平和な世の中に感謝。 アーメン 


MAHALO  

Posted at 16時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.