Mitsu Surfboard Design

2019年01月23日(水)

feeling good [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

昨日は、行きつけのメカニックの家に行って 車のメインテナンス。 元オーナーは 心配症で過保護気味な私にいつも呆れ気味ですが 彼も車が好きなので 理解してくれているようです。

4000マイル毎にオイル交換してるけど キロにするとおよそ6500KM! 大体3ヵ月弱で交換してます。

その他 パワステのオイル漏れもあったので ホースの交換したり、クーラントの補助タンクのパイプの詰まりを直したりと 至れり尽くせり。

少し前に タイヤも履き替えて バッテリーも新品にして スターターも交換したばかり。

今日は 前々から気になっていた 車内のボディーのきしむ嫌な音も シリコン系のスプレーで解決して もう朝から運転が楽しくて仕方がないくらい 気持ちイイ。

実はフロントガラスのウオッシャーの水も出ないんだけど毎日自分で水をかけては汚れを落としてます。

ハワイなのにエアコンも効かないけど 微妙に冬なのでそれほど汗かきません。 


あまり物には執着していませんが 手が掛かればかかるほど愛おしくて愛着が生まれて来るものです。


何でも壊れたら 捨てて買いなおす時代ですが 私は直せるものは 可能な限り直します。

その代わり 最初に作られた時からどれだけ 丁寧に作られてるかが問題で、 今の時代は物が 売れるように適当に壊れて 修理さえもさせないような商品が多いのではないでしょうか?


高すぎて買えないのも 困るけど安かろう悪かろうは結局 銭失いの始まり 売る方も買う方も そのスタイルが問われる時が来ているようです。

この車はちょうど1年前におよそ30万円で買いましたが ボディーはボコボコで錆もあり 雨漏りを止めるだけで 3〜4カ月かかりました。 はたから見たら なんでこんなポンコツに30万も払ったの? と笑われますけど 私に取っては300万円の新車よりも価値があるんです。

乗る度に満たされるので 安い買い物です。

I LOVE MY CAR

ALOOOHA

BIG WAVE アッタクから 1週間まだ 肋骨痛いですけど 早速ロコのおじさんから GUNの注文入りました。

ドキドキしながらも それを楽しんでハンドで仕上げて行きます。

画像(280x420)・拡大画像(427x640)

Posted at 18時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年01月21日(月)

あれから休憩中 [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

この前の月曜日に海行って以来 NO SURFです。

海に入っていて肋骨が痛くなり その次の日からは腰痛が始まり 前屈みと寝返りさえも 困難になり痛み止めを飲みながら 仕事してました。

全くぶつけてないのに 何故なんだ!?

恐らくそれだけ なけなしの筋肉を緊張させて短時間に酷使したからだと思いますが 結論としては体が出来てないんですね。

昨夜から だいぶ良くなりましたが 今後の課題なのでまたデカい波の乗りたければ 意図的にトレーニングを積み重ねないとです。

ついつい やることがないとどうしようもない小波なのにダラダラと海に入ってしまうのですが 今週末海に入れない分時間と体力が余っているので 普段できない 部屋の掃除や伝票整理、車の修理に 包丁研いだりなどはかどりました。

何だかんだ行って世の中 上手くできているものですね。

ALOOHA

Posted at 04時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年01月16日(水)

I WENT [Blog]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

もう 24時間前以上になるけど 月曜日にこの特別なボードの進水式をしました。

思い起こせば 先月突如として 数年間シェイプルームで眠っていたブランクスを不意にハンドシェープして 今年になってから出来上がりその数日後に 正に自分が想定していた波が訪れて、、、という流れを今考えてみると 単なる偶然ではないような気がしてきました。

ブランクスが先なのか はたまた昨日のうねりが先なのかは確かではありませんが 私はその見えない力に誘導されていたような感じです。

歳を取るに連れて 自分がどうしたいかよりも 周りの空気が自分をどうしたいのかを感じるようになり それがBESTな導きだと信じるようになりつつあり その日その場で起こりうることを受け入れるように 心がけています。

その根本は 自分がどれだけ無力なのかを知り始めたからです。 世の中の大統領達でさえ 思い通りに行かないこの世の中ですから 私なんぞ 何一つ思った通りにはならない ならば 川の流れに身を任せた方が よっぽど幸いなんじゃないかなと思う次第です。

画像(402x420)・拡大画像(613x640)

ここの所 ずっとデカい波が押し寄せて風もない 絶好コンディションですが なんせデカすぎて戦意喪失気味。
唯一行けるとしたら 月曜日で一瞬サイズダウンの予報でした。 

画像(420x301)・拡大画像(640x459)

写真は 数年前にGENKIと入って死に損なった時のものですが 昨日は こんな感じで たまに沖で割れるのは10FEET++

最初4人入ってたけど 風が入ってしまい全員上がってしまった。 

しばらくGENKIと悩んだけど 乗る乗らない別として 今後の為の練習として とにかく沖に出てみる事にしました。 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

海に入る直前まで GOPROカメラを持っていくかどうか 自問自答して 悩んだ挙句 昨日までの小波とは勝手が違い一瞬の邪心が生まれれば 取り返しはつかないミスにつながると信じて心を鬼にして 撮影は無しにしました。


で、これが海に入る直前の顔です。 一体この後自分が本当に自然と対応できるのかが 分からないので笑う余裕など全くなしで ドキドキバクバク。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

ライフガードにしっかり挨拶してから ものすごい緊張感で一体どこが沖なのかも分からないまま 誰もいない沖に向かってパドルアウト。

ここは アウターリーフと呼ばれるヒマラヤ。 沖まで数百メートルあってそのカレントは激流。 

リスクは高いけど 混むことはほとんどなくマニアックなポイントです。

沖に近づくと まだ見えない波が沖から割れて聞いたこともない重低音を体で感じて やがてその全景が見えてきた。

いつもタウンでみてる波が10倍になったいイメージもしくは自分が10分の1になった感じ?

風は急に止んで来てほとんどないままゆっくりと大きな間隔でうねりが押し寄せるけど 一体一番デカいのはどこで割れるのか分からない。

怖いからあり得ないほど 沖に出た。 静まり返った海はまた数分後に 荒れ狂うと思うとまた怖くて沖に向かいました。

待つこと2〜30分? 大きめのが 1本、2本と来て 乗り越えたらそれより遥かにデカいのが 入って来た!

形はパーフェクトだったけど見たこともないほどデカくて 見た瞬間 ”絶対に無理!”と判断でも 際にいたからもしかしたら乗れるかも? GENKIもみてるからビビったら笑われる? その間 考えるのは0.5〜1秒だけど 気が付いたらノーズを岸に向けてパドルしてた。

”俺はホントにこれでのれるのか?” でもあまりの波の大きさと 9’GUNで3.25”の厚さ板なので 漕いだら板が想像以上に早く滑り始めた! 板の長さと浮力に助けられた部分は大きいけど 危なげなくDROPをきめて そのままスローモーションのようなターンを一回だけしたら後は 体験した事もない 大きな水色の壁に囲まれながら それに負けないスピードで 板は岸まで一直線に走った。

どんなカメラを搭載してても 岸からビデオで撮っていてもあの時の感覚は伝えきれないし 忘れられない。
普段乗る波の100本分に相当するかもしれない。

この後どんなに長く 書き綴っても伝えききれないのが本当に歯がゆいと言うかなんというか。。。

もうこの最初の1本で 上がってもいいと思ったほど 感無量でした。 

その後も慎重に沖で特大セットを狙ったのですが 途中から原因不明で 肋骨が痛くなりパドルに力が入らなくて少しづつ恐怖感が出てきて ドピークにいながら何度か逃げました。

自分の中の強気な気の動きとセットとのタイミングがぴったり合えば 行けるのですが その周期がぴったり合わないと乗れないのがBIG WAVEで ”何気なくとりあえず”という行動は許されませんからね。 

その後2時間くらいで 集中力も体力も限界を感じて 合計3本乗って終了

最後の波 素晴らしかった。 脳裏に焼き付いています。

この達成感と満足感は 今後の自分にとっておおきな収穫になりそうです。

またすぐ行きたいけど しっかり充電して 体調を整えないと痛い目に合うのは 時間の問題でしょう。

怖さ10倍で楽しさ10.1倍?
ハワイにいて けして人前では BIG WAVERとは言えませんがマイペースで取り組んでいきたいと思います。

MAHALO 

 



Posted at 12時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年01月12日(土)

My Gun [Blog]

画像(266x420)・拡大画像(406x640)

新年早々に 自分のボードが出来上がって来た!

それも このGUN 90−20.5−3.25


25年以上 ハワイに住んでいて これが一番長いGUNだと思う。

今年で 51歳になるけど 何故今になってコレ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7〜8年くらい前までは ノースにも良く行ってたけど その後は 子育てだの 仕事だの やれ盲腸で3〜4年前には膝の半月板手術で 復帰するのも時間が掛かり 言い訳たっぷりで自分自身に自信が持てず 酒を飲んでは ”昔はデカい波も行ったよ” なんて若者に語るばかり。

波乗り仲間や先輩と話すと 老化現象で盛り上がり ”お互いいつまで波乗り出来るかね?” なんて感じ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
年に数回 出くわす パーフェクトなBIG WAVEを目の前に ペラペラで短いボードで毎回苦戦を 強い要られて 悔しい想い出ばかりが残り、次回迄には絶対GUNを作ろうと思うだけで 行動に移せない。

それはまるで 海外旅行から帰ってくるたびに 次回までには英語が話せるようにしようみたいなノリかな? (笑)


意を決してブランクスを買ったのが2〜3年前で ずっと自分のSHAPING ROOMで埃をかぶってたのですが 年末急に削りたくなって あえてハンドシェープで仕上げてみました。

イマドキのGUNとしては 9’は短いですけど 自分的にはこれでMAX。 10’−12’まで十分行けると思うので それ以上の波は 今の所無理だと思ってます。

このボードをハワイで持つことの意味は大きく まして自分で作った訳ですから The DAYが来たら 行かないといけない?存在を認める事になります。 その日に備えての緊張感と体調管理が問われてくるので 大変なようですが いい意味で生活にメリハリが出来る事を 自分でも期待しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大袈裟かもしれませんが 年老いて行く中で いつかはボードの上に立つことさえも出来なくなる日が少しづつ近付いています。  その時の自分に 後悔したくないんです。
これだけ条件の揃った環境があってなんで今まで。。。。
もう一度 自分と海 納得がいくまで正面から向き合って分かり合いたい。  
最近体調も良く 大きな怪我もないので枯ゆく自分を有効に使いたいと思います。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

還暦には まだ早いのですが 大好きな赤のTINTで染めてみました。 テンション上げないと 波にやられてしまいますからね。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

ここ数年 ずっと世界一流SHAPERとSURFERのGUNをチェックして自分なりに デザインしてみましたが 全てにおいて終わりのない世界です。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

BIG WAVEでの 正しいリーシュ選びは、大切だと 聞かされています。 普段はあってもなくてもいいようなものですがケチらずに 大人買いしました。

画像(420x224)・拡大画像(640x342)

写真で乗っているのは 確か6’10”ペラペラでこのサイズのテイクオフでも必死にパドルで 怖い思いでDROPでした。

新しいGUNでは この倍のサイズに乗りたいなー。

とにかく焦らず慎重に マイペースで行きますけど BIG WAVEは乗る瞬間ではなく 乗るまでにいかに巻かれないかが BIG KEYです。  若くないので一回ハマるだけで 体力が半減しますからね〜。

Posted at 04時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年01月02日(水)

2019 だってよ。 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

あけましておめでとうございます。 
2019年 元旦 です。

昨夜は、家族でまったり 紅白を見ながら大晦日を過ごして只今 お昼過ぎで 寝れるだけ寝て もう寝れないので起きた所です。

ここ数日 急ぎの仕事もないので昼間ダラダラとしながら 夕方無理やり 悪い波でサーフィンして 帰ってきたらまたビールを飲み始めの 繰り返し。

定年したかのような この生活がなんとも苦痛です。

普段は時間に追われて バタバタなのに時間があるかと思うと 今度は急に無気力になってしまって テンションが下がりっぱなし。

酒を飲むと少し 勢いが出てきて何か始める傾向もあったりして いいんだか悪いんだか分かりませんが そういう事です。

とにかく 明日には 仕事場いってみますわ。

皆さん 今年も 何卒宜しくお願い致します。

MAHALO
MITSU  

Posted at 08時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.