Mitsu Surfboard Design

2022年07月03日(日)

世代違い generation GAP [Blog]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

今更なんですけど 昨夜ジェネレーション ギャップについて色々調べてみました。 

私は、小さい頃から気になった事だけしか調べないし、聞く耳も持たない人間ですなんですけど 54歳を目の前にして 身の回りの若者達の生態が把握できない事がしばしばあるんです。 

自分より 若い奴らは 大好きなんですけど 一緒にいると彼らの行動が理解できない? なんでそうなるの?って思ったりします。

サーフボードにおいても 各シェイパーが異なったコンセプトでボードをデザインしている訳で 違う波,違う乗り手によって波に乗り どっちがいいかは 曖昧な世界。

人間も 1人1人 人生は色々ばらばらなので 正解はないまま 時が過ぎて 後付けのタラレバ論ではどうにもならないかもしれませんが これまでの 世代の違いを調べてみたらなるほど〜と思えたので 自分を整理するためにも書いてみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

団塊世代
新人類
バブル世代 (1965−69生まれ)
就職氷河期世代
団塊ジュニア世代
ミレニアム世代
ゆとり世代 (さとり世代)(1987−2004生まれ)
Z世代
α世代

一般に 歴代こんな風に各世代呼ばれているらしいのですが、私はほぼドンピシャで バブル世代に属していることが明らかになりました。 バブル時代に日本にいた事は自覚していましたが 別にバブルな生活はしてなかったので関係ないと思っていたのですが 立派なバブル世代だそうです。

その特徴を聞いて納得した自分がいます。↓

好景気に思春期を楽しんだバブル世代の大きな特徴は、消費欲が強く、根拠なき自信があって明るいこと。基本的に若手の指導は上手ではない。マニュアルがなく上司・先輩の背中を見て仕事を覚え、頑張ればなんとかなった世代なので、コミュ力は高いのに指示が曖昧。


そして 私の周りで 疑問を投げかけるのが ほとんどゆとり世代に所属で その幅は広く現在18〜35歳くらい。
その特徴は↓

学校では 授業時間数の削減など「詰め込み教育からゆとり教育へ」の転換がはかられた時代に学齢期を過ごした。

深夜まで働いて残業代を稼ぐよりも、ワークライフバランスを重視。「飲みに行くぞ」の誘いをきっぱり断り、上司をがっかりさせることもある。「ブランドのバッグがほしい」「カッコイイ車に乗りたい」など、バブル世代が縛られている物欲から解放されている。

学生時代からスマートフォンを使いこなし、SNSを駆使して横のつながりや「共感」を大切にする。「俺が、俺が!」と自己主張して生き残ってきたバブル世代には物足りなく映る

不景気しか知らないので出世欲や夢が持てず、できればラクして過ごしたい。

誰かがハッピーになることで幸福感を得たい人も
 人に喜ばれ、自分にメリットがあることにやりがいを見いだす個人主義が増加。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とまぁ〜 な感じですが、どうりで同感できない訳ですよね? もちろん 全員じゃないけどお互いの世代でうなづける部分は多いと思います。

私は、バブル時代だけ見て育ち この世の誰もが同じような社会の現象を思春期で体験しているのかと思いきや そうではなかったのが 今になって分かりました。

高卒でフリーターをしていた私には 仕事は、いくらでもあったから寝ないで働けば 買いたいものは買えた時代。 アルバイト情報誌は ”fromA” 毎週2回も発売していた時期もありで100円だけど 分厚くて 地区別、職種別に満載でした。
チャリンコ通勤希望なので地元で 夕方から居酒屋の焼き鳥を11時くらいまで焼いて 12時過ぎからは 100M離れた FAMILY MARTで朝9時まで 独りで店番のアルバイトをしていました。
学はないけど時間はある。 夜中働けば時給はいいぞ〜みたいな乗りで イケイケGOGO! お金が溜まれば 当時でも10万円以上した サーフボードを購入して 車も4駆のトラック買って タイヤもホイルも替えて スピーカーに何十万円もかけて 週末は、女の子車に乗せてSURFING〜 とにかくもう ギラギラな時代で文字通り 頑張れば何でもできる? ような時代でした。

その後 私は、1993頃から ハワイに渡るのですがバブル弾けた日本の姿は 見ていないので更に世間知らず。

就職氷河期なんかも聞いたことあるくらいで実感ないし、大学も行ってないので無縁ですが その頃か頑張っても報われない?世の中の図式が出来てしまい頑張ったらダメな世の中が生まれたようです。 

”ナンバー1にならなくてもいいからオンリー1”がCOOLでカッコイイ? 何でもゆる〜くやって喜怒哀楽はNO THANKS?  会社や自分の為に命がけで働くなんてありえない そもそもそんなに仕事さえもない。 将来お金が増えていくような想像が出来ない現状で いかにお金を使わないように生きて行くかが求められる。 結婚も子供も否定的にならざるを得ないのか。

身の回りのハワイで生まれ育ったゆとり世代の子達も ゆるい人多いです。 全然ネガティブじゃないんだけど バブル期から見ると ノリがユルイです。 要領はイイんだけど ガチでは何もやらないタイプ。 見ていて 歯がゆいんだけど本人達はそれでいいみたいだからそれ以上は仕方ないよね。

ただ このままだと 何か新しいもしくは画期的なモノがこの世に生まれないんじゃないかな?
新しいものじゃなくてもいいけど これまで受け継がれてきた伝統的な何かが 無くなるんじゃないかなって心配になる。 

でもそんなモノさえもう 必要なくなるのかもね。 初めての車はテスラ、サーフボードも誰が作ったか分からないストリンガーのないEPSだったりして、あとは最新のスマホがあれば LIFE IS GOODなんだろうな。

今も昔も 未来はやがて現在になって その現在は過去になる。

私も後何年生きるんだか 知らんけどもう大した事はできないとおもうよ。 仕事も波乗りも 筋肉が衰えるのと同じで 衰える前にどこまで鍛えたのかがカギとなるかな。  これからは ゆとり世代を見習って頑張り過ぎないように やっていきますよ。    

HAHAHA ALOOOHA




Posted at 19時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2022年06月27日(月)

REAL WOOD WORLD [Blog]

確か12年ほど前だったと思う。 隣の部屋でDICK BREWERさんがバルサのボードを毎日のように シェープしていたこ頃でした。

私も 1本くらい飾りで本当の木のサーフボードをつくてみようと軽い気持ちで始めたのがきっかけでした。

バルサがすでに高かったので 気に詳しいMIKE CASELYさんに材料となる木をお願いして手に入れた木は 軽いハズなのに激重!

最初は9’くらいあったこの木ですが ドンドン短くして薄くしたにもかかわらず いつまでたっても軽くならないので当時アイナハイナに引っ越した家の壁に吊るす予定だったのですがあまりの重さに断念しました。

そしてとにかく硬いので 半日触るだけで カンナを持つ手は痺れてしまい 2日連続では作業不可能。
気力体力を充電しながら やったらシェイプだけで2年近くもかかってしまいました。

エポキシの樹脂でコーティングをし始めたら それまでは見えなかった色と木目が3Dの立体で浮き上がって来てビックリでした。

完成したのが 2011年の後半。 いつかは乗ってみようと思いつつも その後は 人知れず自分の部屋に立てかける事11年。 

とにかく重くて およそ20KG。 厚さは2”足らずですが両手で運ぶのがやっとです。 11年間疑問だったのが 一体これは浮くのかどうか? それくらい重い比重なんです。

で、結果なんとか浮きました。 人が乗ってパドルすると沈み始めますが必死にパドルするとゆっくり浮いてきます。

アライアもやった事のない私なのですが このフィンのないボードで一度でいいから 波に乗ってみたい願望が生まれてパドルアウト。

ハラハラドキドキでしたが 迫りくるパワーポケットにボードをセットして全力パドル。   そしてボードと体全体に当たった白波に押し出されて 板が走り出す。
一瞬気を抜くとボードのテールがスライドしてしまうので 左右細かく動かしながらバランスを取るしかない。
ちなみに 腹ばいがやっとで立ち上がる事はできませんでした。

誰も乗らない小波を3本くらい乗ったら なぜかもう大満足。
不思議な気持ちでした。 

自分にしか分からないこのBOARD STORY。 大袈裟かもしれないけど これはある意味 究極波乗りの原点かもしれない。

昔の人は、こうやって波を楽しんだのかな。 なんて思ふPRICELESSな一日でございました。



Posted at 07時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2022年06月18日(土)

The real world The real people [Blog]

ALOHA〜 6月もすでに半ばを過ぎたようですね。 私も前回BLOG UPしてからまただいぶ間が空いてしまったので 今日はそこはかとなく書き綴ってみます。

私事ですが 断酒生活も早1年が経ちました。 もうこのままお酒を飲むことはないと思います。 

代わりにコーヒーと甘ものばかり食べていますが 体重の変化もなく規則正しい生活を送っています。

仕事は言うほど忙しくありませんが Hawaiiの工場自体も全体的に暇になって来ていて 今までのコロナ期2年間の空前のサーフィン工場RUSHが 嘘のように静まり返ってきています。

誰もが 家にいたロックダウン状態の中で 朝から晩までスマホのデジタル画像を見るだけの生活が今では 懐かしい?

おうち時間では とにかく意味もなく目的もなくINSTAGRAMを開いてしまう私達ですが 次から次へと目移りするような映像が待ち受けている訳で 人間の本能をくすぐる 食べ物系、SEXY系はもちろん 自分の趣味や衝撃の映像など 限りなく眼に飛び込んでくる。

1分足らずのビデオを作って 人間の欲望を掻き立てるように刺激したもん勝ちなのか? 何十万人の人が閲覧したりそこからまた人々は影響されて物が動きお金は動くけど 実はみんな家で寝転がって指動かしてるだけじゃない?

我に帰れば ヤラセ映像ばかりだし、実際の存在と映像が詐欺的な物で溢れてるこの世の中。

目の前で触って観れる訳じゃないから 騙す方も騙される方も後を絶たない。 商品化されてないものなら そのまま作り上げられたイメージだけが独り歩きして そのままとんでもなく株が上がったりもするし、それに火をつけるためのインフルエンサーと言う職種もあったりする。

なんか ズルイ。 でもこれが今の時代。

私はもうすぐ54歳だけど 自己判断すると 今ドキの5G世代と完全なるアナログ時代の狭間で育ったような気がします。  自分もこんな アナログなBLOGを未だにやってますけど15年前に始めた時は BLOGは今でいうINSTA?だったのかもしれない。  ただその頃は商売につながるなんて全く思いもしなかった。 自分のハワイ生活を日本の家族と友達に見てもらいたかっただけです。 もうすぐハワイもに来て30年になりますが 15年前は子育てやシェイパーの新人だったこともあり 毎日がドキドキでしたからね。

Hawaiiだけじゃないけど 世界には INSTAなんか無縁の沢山の本物の人達がいるもんです。 下の写真は、木が大好きなマイク ケーシーさんの写真だけど この木片は重さだけで およそ180KG! ここからハンドシェープで1本のサーフボードを作りました。 通常4〜6MMのストリンガーがブランクスに挟んであるけど これは100%木。 どんだけ時間かけてこの硬くて手が痛くなる作業なのか 想像をはるかに超えています。

他にもビックリするような人はいるもんだけど そんな人に限って 見せびらかす事はせず 黙々と自分の世界で生きているような気がします。

自分は 2Gくらいの情報処理しかできない人間ですが 常に原寸大で出来る事をしながらこの先もやって行くだけです。

とにかく 要らない情報に踊らされて 時間を無駄にしないように気を付けたい今日この頃です。

ALOOOHA

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

Posted at 08時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2022年05月30日(月)

ALOH OE〜さようなら〜 [Blog]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

昨日の朝あの シェイプの神様とも言わる DICK BREWER (85歳)さんが カウアイ島でお亡くなりになりました。

確か2016年までのおよそ3年間 同じ工場でシェープしていましたが 工場が閉鎖されるのと同時にお互いAWAYになってしまって 連絡が取れなくなりました。

6年前の事ですが その当時ですでに80歳にも関わらず 毎日のように粉まみれになって仕事していたのを 覚えています。 

甘いものが大好きで 粉まみれになったようなクッキーやチョコレートを休み時間に頬張って コーヒーやRED BULLなんかも飲んじゃってました。

お客さんが来ると少し笑顔になりますが 普段は気難しい顔と態度で 話しづらいオーラが出ていました。
でも 甘いものあげると喜んでくれます。

ただその当時 私は、今よりもプライドみたいなものが芽生えていて 素直にディックさんに喜びを伝える事が出来なくて へらへらヘコヘコと話しかけたりもせず 必要最低限の会話だけの毎日でした。

幾度となく 6’6”くらいのシングルフィンを削ってもらおうかと思ったのですが 言い出す事が出来ずに終わってしまいました。

隣の部屋でプレーナーの音がよく聞こえてきて 生でその手さばきを観たかったのですが これもお願いする事が出来ない自分がいたので諦めました。

夜になって彼が帰った後 その日仕上げていた板を見て触って勉強したもんです。

プレーナーだけで あの独特のダウンレールの曲線を歪むことなくボードの先端まできれいにつなげていくのは 流石でした。 

今考えても こんな偉大な人にハワイで会えただけでも嬉しいのに 長期に渡って一緒に仕事が出来た事も信じられないくらいです。 

サーフィンを始めたばかりの16歳の頃 姉のお古で着ていたワインレッドのパーカーがDICK BREWERのプルメリアがプリントされていたけど なんかサーフィンの有名なブランド?みたいとしか分からないまま 誇らしげに着ていた私。

時には 無口な彼が、突然”君のQUADの位置はどの辺なんだ?”とか”ちょっとこの テールテンプレート貸してくれ”とか言って部屋に来るんだけど そんな時決まって言うのが ”なんだ 俺のと同じだな”だって。 
かなり負けず嫌いな性格だと思ったもんです。(笑)


画像(315x420)・拡大画像(480x640)

ハッキリ言って おじいちゃんだけど ある意味分かりやすい子供の様に 何か気になると急に質問してきたりするのがカワイイ? 私からは ほとんど余計な話はしませんでしたけどね。 

画像(420x333)・拡大画像(539x428)

写真も嫌いそうなので 頼みにくいのですがこれは 工場の人が撮ってくれた貴重な一枚。 左はマイク ケーシーさんでWOOD SHAPEの神様的な存在で今も元気です。
こんな面子で 人知れずの掘っ立て小屋で 毎日サーフボード作りをしていた私達ですが マイクさんは 毎朝のあいさつの言葉が ”WELCOME TO THE FUN FACTORY!” 楽しい工房へようこそ! 
本当にその通りだと思う。

画像(322x420)・拡大画像(492x640)

シェイプルームから出てくると ひたすら目を閉じながら瞑想? 疲れてただボーとしているだけなんだろうけど 何をしていても 存在感とオーラが溢れ出ています。

それを感じるので 離れた所から 盗撮に成功しました。
なんか カッコイイな〜。

本物は、FBやインスタなんかしなくても その凄さが伝わってくるもんですね。

ここ数年で タウカン時代に一緒だった CINOと言うこれまた 口数の少ないけど話しやすい 偉大なシェイパーも他界していますが 昨年は、私にハワイで初めてのマジックボードを作ってくれた BEN AIPAさんもお亡くなりになりました。 悲しいというより みんな順番ですからこればかりは仕方ないですね。 私も生きている限り刻一刻とその日は近づいていますから。 

シェイパーとして 唯一この世に残されるのは今まで作って来たボード。 これも永遠ではないけど しばらく残って誰かが今日もその板で波に乗ってるだろう。

たかがサーフボード されどサーフボードだけど 板を通して世の為 他人の為になる天職を与えられた偉大なハワイのSHAPER達は きっと天国でも活躍されている事でしょう。

ALOHA OE

画像(300x399)

あんまり 漫画読まないけど 小さい頃観た あしたのジョー。 当時のセルフも画像もインパクトありましたよね〜。

Posted at 09時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2022年05月23日(月)

Sizing [Blog]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

昨日は 久しぶりにいい波でした。
何に乗ろうか 迷った挙句 一番浮力が少ないとされる右のJEANS FISHをPICK。

実は先週末中古で売ろうと思ってWAXも剥がしたのですが なんとなくもう一度乗って見たくなりました。

5’4”なんだけど 冬の間比較的パワーもサイズもあるNORTHのコンディションで使っていたのですが イマイチいい思い出がなくて満ライがないので 左のタイガースを春先に作った次第です。

ブルーの5’4”方は、ボトムが浅いながらもFULLコンケープ気味で テールも絞り気味だったのですが 新しい黄色の方は、長さ5’5”にして 幅も厚さも微妙に大きくしてボトムはコンケイプからうっすらVEEに変えてより乗りやすく ターンもスムースなイメージで作って見たのですが なんかちょっとフワフワ?しているような噛みつきが甘くて キレッキレなターンが出来ない?

ブルーは、ジャジャ馬で走るけど ターンのキッカケが取り難くて 黄色はおっとりしていい奴だけど スリリングではない感じのキャラ。

ほんのちょっと変えただけのつもりだけど ボード自体のサイズはもちろんボトム形状の違いから2本は別物。

更には NORTHとTOWNの 波質の違いも影響してます。

FISHは本当にちょこまか機敏に動くのでやはり小さめの方が楽しいけど もう少しおっとり乗りたいなど ないものねだりを混ぜ合わせ過ぎた結果ですかね。

何十年もボード作ってますが まだまだ乗ってみないと分からないです。 料理は、途中で味見が出来るけど ボードは最後まで味見が出来ないし 完成してからはもう塩を足す事はできないもんです。


ここで後付け談ですが コンケイプや浮力が増すとそれだけボードは浮き上がろうとします。 波のサイズやパワーがUPすれば 更にボードは、加速して接水面が減り始めますので それがコントーロール性に影響してきます。
スピードもコントロールも必要なのですが その塩梅が一番難しい。

トロイ波では、コンケイプや浮力に頼って乗り手がボードを上から押し込めば押し込むほど その反発で加速して行く訳ですが 波が早くなってくると同時に乗り手が上から抑え込む前に波がボードを押し上げてしまってそのまま操縦不能な現象が起こります。

レールに関しても同じく 波が速いと分厚いレールを波面に食い込ませる時間がなくなってしまいターンのキッカケを失って思い通りのラインで走れなくなってしまいます。

乗る波のリズムと自分が沈めようとする体重と力加減を真ん中で伝達するのが サーフボード。

エンジンも電気も使わない 原始的な乗り物は 単純なようで最も複雑かもしれません。

画像(420x278)・拡大画像(640x424)

思いっきり キレのある動きをした時の後ろ足の位置は自分でもビックリ。 よく踏み外さなかったよな〜。
でもここが 本当のSWEET SPOT。 支点を後ろにしなければ
ノーズが回って来ないです。

Posted at 18時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.