Mitsu Surfboard Design

2018年02月02日(金)

86のオススメ [Shaping Lab]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

比べるモノがないから 分かりにくいけど 今日の2本は8’6”という 一応MINI LONGな存在。

最初の1本はマジェンタTINTの86−21.63−2.63でかなり薄めの 旧GENKIモデルと言えばいいのかな?

小柄な女性からのカスタムオーダーでこれと全く同じで長さだけ9’に乗っているけど 今回短いのにチャレンジしてみたいと言う事です。

9’以上のロングに乗っている人は 短いのに憧れて 一気に6’くらいのレトロFISHとか 76くらいのFUNボードに乗ってみたいと言う相談よくあるのですが 経験上86は違和感ないまま乗りやすい長さなので お勧めです。

8’になると 9に比べて後もう4回パドルしないと乗れない感じです。 でもその 最後の4掻きが 辛いですよね?

ただ 逆にショートからLONGに移行したい人にとっては 急に長すぎるとまた ややこしくなってしまうもので ショートからだったら 7から8もしくは86で最後に9かな。

誰もが新しい板に乗ると 最初戸惑って もしかして失敗!
なんて思うものですが 私達には 対応能力あります。
スキーや自転車だって初めから乗れる人は早々いませんからね。

少しづつ慣れて そのボードに教えてもらいながら新たな楽しみを見つけて行くのが一つの波乗りの醍醐味ではないでしょうか。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

こちらは 今日配達した MINI CRYSTAL 86−21.75−2.75と言うサイズで やっぱり小柄な 女性で160CM 52K2G前後で 私と同じくらい。

自分の身長と体重に近いと やっぱり同じ悩みと願望があるものです。

欧米で作られた PROモデルなどは 彼らの身長や体重が基準になっているし 更に誰でも乗れるように大きめに作ってあるのが常なので そのまま小柄な日本人が買ってしまうと 完全にオーバーサイズで操縦不能になりがちです。

今後のサーフィンライフを真面目に考えている方は やっぱりカスタムしましょう!

シェイプだけでなく 色も入れて 短いサーフィン人生をフルに楽しみましょう!

そういってる私は 腰と膝がまだまだ全然ダメです。

HAHAHA。

LIFE IS TOO SHORT TO RIDE THE SAME BOARD AGAIN & AGAIN....

Posted at 18時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月01日(木)

PINKY カポノ [Shaping Lab]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

NEW KAPONOモデル? と言う訳ではないけど 先週久々にNEW BOARDをGETして 早速試し乗りを終えて気に入っている様子です。

ボードのロッカーとボリュームは最新のNELSONモデル2018で
ノーズを気持ち薄めにしてある他は 長めのダブルVEEコンケープを採用してあります。

カポノはここ数年とにかく ノーズを広くしたいと言う事で色々やってみましたが やはり厚さを残すと重くなってしまうのでだんだんノーズ薄くなりつつあります。

この他にも最近日本からの カスタムはネルソンモデルのロッカーでテールだけGENKIのように絞ってと言うのが増えています。 これを今後は NELGEN2 モデル命名しておきます。

昨年までよく作っていた NELGEN1モデルはノーズもテールもGENKIのアウトラインだったけど モデル2ではテールだけGENKIです。

パワーのない波や肩がそれほど張ってこない波でも ノーズ幅を利用して少しでも長くノーズライドを求めつつ ビーチブレイクでもトリミングは機敏にするためにテールは絞り気味。 と言ったノリです。

昨年からのライダーと自分のフィードバックを元にGENKIモデルもNELSONモデル共に マイナーチェンジですが2018年モデル出来上がって来ていますので 後日UPします。

お楽しみに。

MAHALO

画像(300x250)

Posted at 05時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年01月26日(金)

NEW BOARDS [Shaping Lab]

色々 出来てます

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

https://mitsudesign.tumblr.com/

マイナーチェンジですが GENKI MODEL2018 巻きに入ります。

小波を意識して ノーズ寄りのレールに微妙ながらもボリュームをUPしたり テールにダブルVEEコンケープなどを入れてます。
今年は DHMもNELSONモデルもダブル系のコンケープを長め目に入れて ターンを小刻みにしてタイミングを取りやすくしてみようと言うのが 狙いです。

乞うご期待!

Posted at 04時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年02月16日(木)

Back to normal [Shaping Lab]

先週の洪水騒動もいつの間にか終わり 天気も仕事も平常モードに戻りつつある HAWAIIです。

文字通り ”悪い事は 水に流そう”と言った感じですかね? 

借家だったのですが 天災と言う事で 大家さんの責任はなく 個人で保険に加入していないとなんの損害保証もないと言う事で やられ損に終わってしまいました。 

だけど 困った時に 助けてくれるたくさんの友達を確認出来たことは 隠れた財産を見れた気持ちで嬉しく思いました。

残りの人生も目に見えるモノの価値より 目に見えない人の価値大切にしていきたいものです。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

と言いながらも 目に見えるサーフボードを毎日作っていますが 1本1本自分の分身として どこに行っても恥ずかしくない 高い機能性のあるボードつくりを心がけております。

上の白黒ボードは AKULEのメス(ラウンドテール)511−20.5−2.5で気持ち薄めのレール。 オールラウンドに活躍しそうです。

下のHAND PAINTは EPS NELSON MODEL 2017 9−22−2.63. ここ昨年使ってる エポキシ樹脂が PRO LINKと言うのですが 驚異的に白いです。 白以上に白い 蛍光灯のようです。 その上軽く効果も早く 炎天下に放置しても黄色くなったボードをいまだに 確認したことがないです。 今では5〜6のエポキシ樹脂のブランドが存在しますが微妙な部分でその粘土や硬化速度、強度、重さ、日やけ指数が異なってきますが 使い続けて数カ月絶たないと その結果は確かではなく 新しいものが いつでもBESTとは限らないのが 現状です。 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

上のが カスタムオーダーのオリジナルGENKI MODEL。
超軽量仕上げの薄〜いボード。 もうすぐ完成です。

黄色いのは 実はNELSONのニューボード。 最近釣りばっかりして 頭の中が 魚でいっぱいみたいなので 勝手にウロコ模様にしてみました。 HAHAHA

画像(420x420)・拡大画像(640x640)



シンプルな色使いなのに ここまでクリエイティブなのは彼女ならではですね。

ちなみに Nai'aとはハワイ語でイルカです。

今回は94−22.38−2.88のDN MODELに挑戦。

小柄な女の子と言う事で テールエンドをほんの気持ち絞ってみました。

もうすぐ完成 お楽しみに〜。
 

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

WAIKIKI KAIONからの こだわりの逸品。a>

EPS GENKI MODELをベースに KAION NOSEとSQUARE テールにQUAD FIN。 フィンの間にはリバースVEEを彫り込んでみました。

QUADは一般的に シングルコンケープと相性がいいです。
QUAD+VEEボトムだとセンターフィンがない分 常に左右にブレてしまい ボトムでのタメがつくり難く踏ん張りところがなくなってしまうからだと 考えています。

なので 厳密にいうと シングルでも調子よくてQUADでもGOODとうのは 相反してしまうのでどっちもというのは微妙です。

もちろん 乗れないことないですけど BESTではないかもしれません。 

Posted at 23時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.